ペイントホームズ
宇都宮店

耐久性と高い性能のバランスがよいおすすめのラジカル塗料

今回は耐久性が高く、劣化しにくいラジカル塗料についてお話ししていきます。

ラジカル塗料とは…

外壁塗装におけるラジカルとは、塗料が紫外線と反応することにより発生する劣化因子のことを指します。このラジカルの発生を制御できる塗料を「ラジカル制御型塗料」と呼びます。ラジカルの発生源は、白色顔料である酸化チタンです。

※酸化チタン…白色顔料

ラジカルが発生すると塗膜が劣化してしまい、外壁を触った時に白い粉が手に付くチョーキング現象が起きます。そこで開発されたのが、ラジカル制御型酸化チタンです。ラジカル制御型酸化チタンは、表面に層をつくり紫外線と反応して発生したラジカルを閉じ込めることができます。劣化原因のラジカルを抑える効果があるため、一般的な塗料で塗装するよりもチョーキングが起こりにくく、藻やカビが付きにくいのもラジカル塗料の特性です。塗装が劣化する原因分子の発生を防ぐ機能があり、美しい外観を長く保つ塗料として人気があります。

価格もシリコンと同じくらいで、耐久性がシリコンとフッ素の間くらいなので、コストパフォーマンスに優れており人気の塗料です。

次回はラジカル塗料のメリット・デメリットについてお話しさせていただきます。