ペイントホームズ
宇都宮店

外壁塗装の寿命が10年と言われるのはなぜ?

一般的に塗装工事は10年と言われておりますが外壁塗装の寿命は塗料の質や周囲の環境により耐久年数が違ってきます。ではどうして10年と言われているのか皆さんはご存じですか?今回は外壁塗装が10年と言われる理由をお話していきます。

理由①【築10年経つと目立つ劣化が出てくるから】

新築の場合、外壁には耐久性がそこまで高くない塗料を使われていることがほとんどで10年経つと色褪せやチョーキング、ひび割れやカビの繁殖など目に見えやすい劣化現象が出てきます。劣化が見えてきたら工事を勧められていることから塗装工事が10年と言われている理由になります。

理由②【使用されやすい塗料の耐久性が約10年だから】

近代的に塗り替え工事にはよくシリコン塗料が使用されており、その耐久性は約10年と長期間外壁を保護する力があります。コストパフォーマンスに優れているシリコン塗料はとても人気を集めており外壁塗装が一般的に10年と言われているのもシリコン塗料の耐久年数が関係しているからなのです。

今回外壁塗装が10年と言われる理由についてお話ししました。塗装工事を行う目安として10年という期間は丁度良いのでしょう。皆さんも塗り替えの目安として参考にしてみてください。