ペイントホームズ
宇都宮店

工事を予定より遅く行うリスクとは

住宅を守っている塗膜には寿命があり、必ず塗装工事が必要になってきます。そのまま工事を行わず放っておくと住宅内部の構造にまで悪影響が及びます。

美観の低下

美観の低下も避けられません。色あせ、ひび割れ、塗膜のはがれ、カビやコケの発生など、これらの劣化現象が美観に悪影響を与え、建物全体の外観を損ね、同時に劣化を促進させてしまいます。

構造の傷み

構造部分にも悪影響を及ぼします。木造住宅や金属部分、雨水にさらされた外壁材などは劣化により脆弱になり、これが目に見えない部分でも発生する可能性があります。例えば家を支える柱などが腐食すると地震などの外部からの影響に対して十分な耐久性を維持できなくなります。

予算外の費用

工事を遅らせることで追加の費用がかかる可能性が高まります。塗装をせずに劣化した建物を放置し続けると、補修工事が必要となり、これに伴って追加の工事費が発生する可能性があります。計画通りの施工が行われることで追加の負担を避けることができます。

今回は工事予定を予定よりも遅く行った場合に起こりやすい内容をまとめてみました。この様なことが起きないように住宅の状態を見てあげてくださいね。