ペイントホームズ
宇都宮店

色見本と実際の仕上がりの違いに注意!色見本の特徴を理解して外壁塗装の色選びをしましょう

外壁塗装において色を選ぶ際、見本帳やカラーパレットの色見本だけで判断すると、実際の仕上がりと異なることがあります。これは、いくつかの理由によるものです。

面積効果の影響:

同じ色でも、面積の大きさによって色が明るく見えるか暗く見えるかが変わります。色見本では濃く見えた色が、実際の外壁に塗られると薄く見えたり、逆に明るい色がより鮮やかに見えたりすることがあります。外壁塗装業者が提供する見本帳やカタログは、外壁と比較して極めて小さな面積です。そのため、実際の外壁の大きな面積に塗られると、見本とは異なる印象を与えることがあります。明るい色は大きな面積の方がより明るく、鮮やかに見える一方で、暗い色は大きな面積になるとより暗く低い明度に見える傾向があります。

照明や条件による色の違い:

色は照明条件によっても見え方が変わります。蛍光灯の下と太陽光の下では見え方が異なり、太陽光の方が明るく見えることがあります。したがって、最終的な色の決定には、実際の外で塗り板などを見て確認することが重要です。

これらのポイントを考慮して色を選ぶと、外壁塗装の際に失敗を防ぐことができます。外壁の色は建物全体の印象を左右する重要な要素なので、慎重に選ぶことが大切です。